僕は比較的、不機嫌にならないほうだ。……と思う。不機嫌になっている時に自覚的になることは難しいから、僕だけが気づいてない可能性もあるのだけど、たぶん大丈夫だと思う。

ちょっとだけ心配だから、念のために聞くけど、僕は機嫌がいいほうですよね?(異議がある人は、@sadycork に話しかけて!)

でも、眠い時だけはダメだ。体力切れを起こすと、僕はとてつもなく理不尽になってしまう。

子供の人格に影響するのは、環境なのか、遺伝子なのか、ということを前回書いたけれども、もっとも影響するのは、体力ではないかと思う。

画像: #4 僕がジムに通う理由

長男の一平(我が家の息子は全員、平がつくのだが、本名ではなく、仮名で書いてほしいという妻からのリクエストがあり、今回から、長男を一平、次男を二平、三男を三平と呼びます。ネット上で匿名か、本名か、写真をネット上に置くかどうかは、何が正解か分からないのが、これからの時代。分からないことは妻に従うのが、僕の生きる智慧)は、非常に怒りやすい(そんなことを世間にばらしてごめんよ)。

こだわりが強くて、自分の思い通りにいかないと、不機嫌になる。子供の状態など、年齢ごとにすぐに変わるのに、子育てをしていると、なぜかこの性格が一生ついてまわるのではないかと心配になってしまう。

こだわりの強さが一平の魅力なのだけど、そのこだわりの強さ故に、世の中が生きにくくなってしまうのではないかと、僕も妻も心配をして、夜中に相談したりしていた。

それで「まぁ、いっか」を口癖にしよう運動を家庭でしていて、僕も妻もたくさん「まぁ、いっか」を言っていた。

一平はアレルギーがあって、ちょっとしたことで全身に湿疹が出てしまう。1歳の時は、それで救急病院に連れていったりしたことがあるくらいだ。

6歳になった今でも症状は残っていて、風呂上がりに全身にプロペトや薬を塗らなくてはいけない。それでも、朝になると、眼のまわりが腫れている。あまりにも状態がよくなく、ずっと目薬で対策をしていたのだけど、妻が眼の中にいれる塗り薬をもらってきた。

それを塗ってみると、一平の体調はみるみるよくなった。アレルギーの起きている場所が減るだけで、睡眠の質も変わる。

よく眠れるようになり、一平が怒ることも一気に減った。怒りやすい性質だったというよりも、体力切れを起こしていて、怒りやすくなってしまっていたのだ。

こだわりがあり、怒らないなら、それが一番だ(僕も妻も、こだわりがあるほうが人生楽しいという価値観で一致している)。

二平、三平は、アレルギーがない。それだけで、子育てもすごく楽だし、彼らの機嫌もいい。しかし、子育てにおいて同じ状態の時期は続かない。

いつも機嫌がいい二平が、怒る姿をよく見かけるようになった。イヤイヤ期なのだと思っていたのだけど、どうも違う。

二平ははじめは、ちょっとしたイビキをしていた。それが、数ヵ月であっという間に、おっさんのイビキのようになった(はじめは、妻のイビキだと疑ってしまった‼︎ 失礼!)。

4歳で天使のような顔をしながら、完全におっさんのイビキ。はじめは、僕も妻も笑っていたのだけど、どうやらよく眠れていないらしい。

昼間にちょっと活動すると、すぐに寝てしまう。気がつくと、体重が減り始め、身長が伸びていない時期が3〜4ヵ月も続いていた。

これは何か異常があると病院へ連れていくと、扁桃腺が大きくて、寝る時に気道を塞いでしまっていて、眠りが浅くなってしまっているということが判明した。

この原稿を書いているまさに今、二平は入院している。手術は無事終了して、すごく大きい扁桃腺がとれた!

半年近く止まっていた成長曲線は、これから元の成長曲線に戻り、全く問題なくなるという。そのことを医者から聞いているものの、原因がわかってから手術するまでの数ヵ月、気が気でなかった。

妻はイビキをちょっとでも抑えられないか、祈るように二平と寝て、何度も起きては姿勢を変えていた。大して効果がないとわかりつつも、そのようなことをしていないと、不安で眠れなかったのだと思う。
 

子育てをして、一番驚いたのは、その儚さだ。5歳頃までの子供は、あまりにも儚い。ふとした拍子で、あっという間に命が奪われてしまってもおかしくない。

自分の5歳以下の記憶などほとんどない。儚い自分の命を、両親が大切に育ててくれたという意識などどこにもない。

しかし、この儚い状態を、親は慈しみながら育て、子はそれをすべて忘れながら育つのだなぁと実感する。

子育てを通じて生まれる感情の中で、最も予想外のものは、親への愛情だ。僕が子に向けるような眼差しを、両親も僕に向けていたことを初めて想像するようになった。

子供の人生を左右する出来事は山のようにあるだろう。遺伝子も環境も大事なんだろうけど、一番、長期的に人生に影響を与えるのは、体力なんだと思う。

たくさんのクリエイター、経営者と会う中で、成功者に共通しているのは、誰も皆、体力があるということだ。体力があれば、失敗しても自分で考え、自分で軌道修正をして、生きていける。

「子供に望むことは、健康的に育って、親より長生きしてもらうことだ」と僕の両親はよく言っていて、なんでそんなことをわざわざ言ってくるんだ? とずっと思って育ってきたけど、めぐりめぐって同じようなことを息子たちに期待している。

とにかく健康に育ってくれ。そうすれば、自分でなんとかするだろうと。

ちなみに、最近、僕はジム通いを始めたのだが、それも体力をつけるためである(笑)。

This article is a sponsored article by
''.