僕と妻は、ほとんど喧嘩をしない。
だけど、ごくたまにする。する時はたいてい同じで、何かを購入する時だ。

僕は、何か欲しいものがある時、まず買う。その商品を選ぶ理由は、なんとなく。それを使うなかで不満が出てくるから、解決できる製品を調べる。そして、その不満を解消してくれるものを次に買う。

一方、妻は、先に調べる。何時間もかけて、様々なレビューを読み、どれが一番いいか調べ尽くす。それでもまだ悩んで、僕にどれがいいかを聞いてくる。仕事で疲れ果てて、半分寝ている僕に。もちろん僕は「どれでもいいよ、好きにして」と答える。そうすると「私だけが悩むのはおかしい。一緒に悩んで決めてよ」と喧嘩になる。

僕には何が決め手になるのか全くわからなくて、買ってから悩めばいいと思うから、買う前だと一緒に悩みたくても悩めない。いつまでたっても話は平行線のママだ。

長男は、顔や表情、兄弟ゲンカの仕方まで僕と似ている。だから、思考法も僕と一緒なのだろうと思っていた。
 
ある日、息子が急に表をもってやってきた。そこには、お年玉をつかって飼いたいものリストが書かれている。クワガタ、鳥、猫、魚を飼った場合のいい所と悪い所が、表に書き出されている。

それで、その表を見ながら、一緒にペットショップへ行き、何を飼うのか決めることにした(息子3人の世話でも大変だというのに、猫を飼う勇気などはなく、うまーく猫の選択肢がなくなるように誘導した)。色々な動物がいる、大きいペットショップは都心にはなく、郊外まででかけた。

画像: #2 僕が妻と喧嘩をする時

1時間近く悩んで、昼ご飯を食べて、再度ペットショップに戻って、鳥にすることに決めたのに、その日は結局買わなかった。僕だったら、絶対にその日に買ってしまう。

びっくりしたのは、また1週間くらい後に、鳥は鳥でも、文鳥なのか、インコなのかと鳥を種類にわけて表をつくっていて、それぞれのいい所と悪い所を説明された。当時幼稚園生だった長男は、鳥の飼い方という本を繰り返し読んでいて、その中味を理解するために、すごい勢いで漢字を覚えた。

それで、鳥専門店へ行き、何を飼うか悩んだ。その時も店で散々悩み、昼ご飯を食べに行って悩んで、それでやっと文鳥を購入した。

ものを買うときの行動パターンが、僕じゃなくて、完全に妻と一緒だ。それだけ時間をかけて飼うようになった文鳥だというのに、名前は「ぶんちゃん」だ。全く迷うことなく、適当に名前をつけていた。僕だったら、名前をどうするのかというところに時間をかけて悩む。
 
息子が3人いると、3人とも行動パターンが違う。年月をかけて形成されていくわけでもなく、初めから決まっている。子育てをしていると、遺伝子の影響力の大きさに驚く。そして、僕の息子ではなく、僕と妻の間にできた息子なのだということを実感する。

息子はお年玉で、文鳥と鳥かごを自分で買ったことで、お金の力というものを何となく理解した。文鳥のために、色々なものを追加で買いたくなる。また驚いたことに、息子は買ってくれと頼むのではなく、どうやってお金を稼げばいいのか、方法を教えてほしいと聞いてきた。

その後、妻と話し合ったらしく「ユーチューバーかプログラマーにはどうやったらなれるのか?」と聞いてきた。

僕らの時代であれば、お金が欲しければ、お手伝いをして、お小遣いをもらうしかなかった。実際、小学生がユーチューバーとして稼ぐのはかなり難しいかもしれない。

しかし、インターネットの中ではどんな人間にも可能性がしっかりと開かれているのだ。時代の大きな変化を、子供に稼ぎ方を教えようとして、改めて感じた。

子育てをしていると、些細な気づきがたくさんある。子供が生まれる前は、一緒にゴルフをしたり、映画をみたり、食事へ行くことが僕と妻の共通の喜びだったが、今は日常の驚きを共有し合うことが最大の喜びだ。
 

This article is a sponsored article by
''.